クリニックでの不妊の検査ってどんなことをするの

妊活で喧嘩をする前に

いつかは子供が欲しいけど今ではない

そんな思いで過ごしている30代も多いのではないでしょうか。
でも、いざとなったら、実際に自分自身が妊娠できるのかどうか心配だと思います。

社会的な妊娠適齢期と生物学的な妊娠適齢期には大きな時間差があります。

本当に、将来、安全に出産ができるのかどうかを知るために、是非、不妊症の検査を受けてみるのもおすすめです。

でも不妊の検査ってどのようなことをするのでしょう。

ある不妊症の検査に行ったことがある人から聞いた、不妊症の検査についてレポートします。

クリニックの中には、不妊治療専門のクリニックもあるので、もし不妊症の検査であれば、そういったクリニックに行く方がいいと思います。

普通のクリニックだと、お腹が大きな妊婦さんやちいさな子供がいたりするので、なんとなく集中できません。

それに比べて、不妊治療専門のクリニックだと、同じような30代後半から40代くらいの女性が待合室で待っています。少し安心しますね。

検査は、卵巣の機能を調べたり、子宮の内膜を調べたり、採決をしたりと、痛みはほとんどないそうです。(恥ずかしさはどうしてもあります)

検査は、1回では終わらず、4回ほど通院したそうです。1回目には採決を中心とした検査と子宮の状況を見てくれます。

2回目は採決の結果などを聞くことができ、ホルモンの異常などがあれば教えてくれます。

超音波の検査では、ちゃんと卵胞が膨らんでいるのかを確認し、卵胞の数もわかります。

卵胞がなければ、妊娠は難しいですからね。大事な検査です。

3回目では、子宮内膜が着床しやすい状況になっているのかを確認してくれました。

そして4回目は3回目に採血した結果を聞くことができます。
この時、前回採血した血中の黄体ホルモンの結果を聞き、無事に4回の検査を終えるのです。

この4回の検査も生理に合わせて、クリニックに行かないといけないので、仕事の都合などで、どうしてもタイミングが合わない場合などもあります。

そういう時は、次月の同じようなタイミングで、クリニックを訪れればよいので、問題はありません。

妊娠ができるかどうか、ずっと不安に思うよりも、こうやって一度クリニックで、不妊の検査をしてもらっておくと、安心して妊活ができますね。

でも、卵子には期限があるので、ずっと安心してばかりいてもだめです。

今の状態をずっとキープしておくことは、できないので、できるだけ早めの妊娠を心がけましょう。

男性の不妊検査もあります

不妊症は、女性だけではありません。男性にも不妊の原因がある場合があります。

男性の場合、無精子症、欠精子症(精子の数が少ない)、精子無力症(運動精子の割合が少ない)、精子奇形症などがあります。

男性側に原因があるのかどうかの検査もあるので、一応頭の隅に入れておいた方がいいと思います。

費用は、女性は、検査をする項目にもよるのですが、項目により数千円から数万円します。

たくさんの項目を検査するとその分費用もかさんできます。

一方、男性の検査は、女性に比べて断然「安い」ようです。

 

こちらも参考に

不妊症の原因を調べる不妊検査ってどのような検査があるのでしょう

 

コメント

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました