妊娠前や妊娠中のダイエットは必要なの?

妊活で喧嘩をする前に

痩せすぎも太りすぎも良くない

 

現代の日本では、「妊娠時の体重増加は10㎏以下にしましょう」といわれています。

 

でも、これを守らなければという意識がどうしても、体重の増加を妨げてしまいます。

 

妊娠中の体重増加が、7㎏以下というママが多く、それらのママから生まれた、赤ちゃんは、2500g以下の低出生体重児の赤ちゃんの割合が増えています。

 

これは日本に限ったことのようで、他の先進国ではありえないことなんです。

 

欧米では、低出生体重児で生まれた赤ちゃんたちが、将来メタボリックシンドロームになる確率が高いという事実があります。

 

痩せすぎには注意しましょう

 

エリーゼ
エリーゼ

太り過ぎはどうなるのでしょう。

 

太りすぎもやっぱりだめです。脂肪が増え過ぎれば、その分エストロゲンもたっぷりと蓄積されるため、生理が起こりづらくなるのです。

妊娠する体を作るには、「美容」のことはさておき、それよりも「健康体重」にすることが求められます。

 

体重を適正に維持するためにしたいこと

 

適正な「健康体重」にするためには、やっぱり食事管理が必要です。

 

毎日遅い時間まで働く女性は、食事の時間も量も不規則になりがちです。

中には、たまったストレスを発散するために暴飲暴食をしてしまった・・・という人もいるかもしれません。

 

体脂肪の中には、エストロゲンがたくさん蓄積されます。そのため、脳は、女性ホルモンが大量に存在すると錯覚を起こしてしますのです。すると、生理が起こりにくくなってしまうのです。

 

体重を増やさず、減らさずするためには、食事の管理が必要です。

自炊をする人であれば、ごはん、スープ、おひたしなどは週末の時間があるときに、まとめて下ごしらえをして冷凍保存をしてくと便利です。

私がおすすめするのは、冷凍の宅配食なんです。

 

私が冷凍宅配食をおすすめする理由

  1. 買い物に行く必要がない
  2. 冷凍庫にいつでも食事があるという安心感
  3. 美味しい料理を食べることができる
  4. 栄養のバランスを気にしなくてよい
  5. 洗い物が少ない

 

などなどメリットはたくさんあります。

冷凍宅配弁当の業者も自分に合ったサイトを見て、選ぶことができるので、最適なサイトから選んでください。

 

やっぱり最後は、料金にそのサービスが見合っているかどうかだと思います。

 

食材だけの値段に換算するのではなく、買い物に行く時間や交通費、料理を作る時間、洗いもや片付けをする時間も含めて、費用を計算してみてください。

 

時間を費用に計算するのは、難しいかもしれませんが、時間も貴重な費用です。

 

料理を作らなければならないというプレッシャーからも解放されますので、精神的にもすごく「楽」になります。

 

■妊活、妊娠中の方におすすめの宅配食はこちら

■スープだけで十分という方はこちら

■しっかりと健康管理をしたいという方はこちら

 

 

宅配弁当は、定期的に送られてくるので、安心して、食べることができます。

 

在庫が増えた時は、ストップすることもできます。

 

是非、宅配弁当の利用を考えてみてください。

 

 

 

 

コメント

【定期縛り無し】ダイエットサプリなら『レクレア』
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました