「高齢妊娠」って実際はどうなの?

妊活で喧嘩をする前に

「高齢妊娠」の定義って決まっているの?

最近よく、「高齢妊娠が増えてきた」なんて言われますが、実際に高齢妊娠て、どうなのでしょう。

ハッキリと定義が決まっているわけではありませんが、一般的には、高齢妊娠といえば、35歳以上の妊娠、出産を言うようです。

妊娠適齢期を過ぎての出産はリスクを伴うし、妊娠する確率もぐっと減ってくるのが、だいたい35歳以上なのです。

なぜ高齢になると妊娠しにくくなるのでしょう。

それはこちらの記事を参考にしてください
30代を過ぎても妊娠は大丈夫?

統計的に見ても、高齢で低確率の中で、妊娠できたとしても、リスクを伴います。また、高齢出産における妊産婦の死亡率は妊娠適齢期内の出産と比べ約10倍以上になるともいわれています。

高齢妊娠で無事に出産に至った家庭もたくさんあります。しかしそれまでの道のりには、かなり危険なリスクもあったという事を知っていてほしいのです。

ごく稀ですが、高齢出産をする人で、妊娠するまでに、妊活を一生懸命行い、ようやく妊娠し、無事に出産をしたとたんに、なんだか力が抜けたようになる人がいます。

こういう人は、妊娠、出産が大きな目的となっていて、それを達成することで、ひとつの大きな目的を達成したような気持になるのです。

でも大変なのは、ここからなのです。妊活は終わったかもしれませんが、これからは長い育児生活が始まります。産んだら終わりではありませんよ。

子供を育てるという事は、それだけ体力と気力が必要です。

それだけの精神力を持っていないと、とてもやってはいけません。そういう点からも、高齢妊娠をするには、覚悟が必要です。

高齢妊娠のリスク「流産」

流産の可能性は、誰にでもあります。概ね、10%~15%といわれています。

たとえ若いお母さんでも、流産の危険性はありますが、年齢を重ねれば重ねるほど、そのリスクは高まっていきます。

それは、数字にも現れています。
20代での流産は、10%弱ですが、年齢と共に上昇し、40代後半になるとなんと70%~80%にもなるのです。

40代ともなると卵子の老化もあり、なかなか妊娠しにくい環境にあります。
そんな環境の中で、ようやく妊娠できたとしても、今度は、流産のリスクがあるという事実は避けては通れません。

テレビなどで、40代の芸能人が次々に妊娠して出産しているのを見て、「私も妊娠、出産ができる」と簡単に思わないでくださいね。

誰でも妊娠、出産できる訳ではありません。

妊娠、出産したとしても婦人科系疾患の内科的合併症、妊娠高血圧症などの妊娠合併症や早産、先天異常児出生のリスクがあります。

先天異常児出生の検査はこちらの記事を参考に
妊娠したら新型出生前診断も考えてみて、費用を教えます

妊娠中の合併症として気を付けなければならないのが、「妊娠高血圧症」です。
妊娠中に高血圧がみられるか、蛋白尿のどちらかになった場合をさします。

妊娠高血圧症は切迫流産の原因や胎盤機能が低下し胎児の発育不全の原因にもなります。また重症化すると「子癇」といってけいれん発作を起こし、母体、胎児死亡の原因となることもあります。

この妊娠高血圧症の発症も35歳以上の高齢妊娠が非常に多く、20代と比較すると1.8倍にもなるといわれています。同じく妊娠糖尿病なども高齢妊娠にはリスクです。

先天異常児の出生数は、近年増加の一途をだどっておりこれも高齢出産によるものだと考えられます。

特に高齢妊娠で多いのが、染色体異常児(ダウン症など)です。卵子の加齢により頻度が高まってしまうためです。

ちなみにダウン症の確率は、25歳で1000分の1、40歳では100の1になります。これを見ても大きな違いがあります。

高齢妊娠には、たくさんのリスクがあります。子供が欲しいと思たっら、できるだけ早く行動してください。

それは、あなた自身のためでもあるし、生まれてくる赤ちゃんのためでもあるのです。

コメント

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました