そもそも妊娠率ってどれくらい?

妊活で喧嘩をする前に

妊娠の成立は、受精卵が子宮に着床することで、「妊娠」が成立します

妊娠の確率って、どれくらいだと言われているのでしょうか。

まずは、女性側の条件として、排卵がなければ妊娠はあり得ません。

妊娠しやすいのは、できるだけ新鮮な卵子の方が、受精しやすいといわれています。排卵から時間が経ってしまうと妊娠する確率を下げてしますことになります。

次に男性側なのですが、精子が女性の体の中で生きていられるのは、個人差はありますがおよそ3~5日間です。
数億個の中の1個だけが、卵子と受精できます。精子には運動率(動くスピード)があり、個人やその時の体質によって異なります。さらに受精するためには、卵子の状態にも影響されます。

女性側と男性側の条件をざっと見ただけでも、受精卵となるのは、ほぼ奇跡に近いと思いませんか?

女性の排卵もきちんと規則的に起きていて、男性の精子の状態も良かったとして、4週間でほぼ15%ほどの確率で妊娠するそうです。

これだけの条件がそろって15%と聞くと、「意外と妊娠するんだ」という人もいれば、「あまり妊娠しないんだね」と思う人もいると思いいます。

確かに、この15%というのは、全体的な平均であって、人によっては、妊娠しやすい体質の人もいれば、妊娠しにくい人もいま。

妊娠は個人差がすごく大きいのです。この15%という数字はあまり現実的な数字ではないのかもしれません。

妊娠に関しては「人は人、自分は自分」と考えておいた方が、妊活中は前向きになれるのかもしれません。

妊娠は、ある意味奇跡的な確率で成立することは間違いありません。

妊娠は確立だからこそ、確率をアップさせることはできます。

妊娠が確立の問題であれば、その確率をアップさせることはできるのではないでしょうか。

その確率を上げることが「妊活」なのです。

卵子と精子が出会いやすい状況づくりをしてあげればいいのです。

相手がいないのに、片方だけが頑張ったところで、そこに出会いはありません。

出会いには、タイミングがすごく大切になってきます。

そのタイミングを知る最も良い方法が基礎体温なのです。

基礎体温を測るのは安静時の体温のことで、朝、目覚めた時の体温を測ることでわかります。

月経は、①月経期⇒②卵胞期(卵子を育て排卵の準備をする)⇒③排卵期⇒④黄体期(妊娠を維持させるよう子宮内が変化する)という4つの周期によるサイクルがあります。
(このサイクルは人によって変わってきますので、すべての人が同一に進むとは言えません)

排卵が終わり、黄体期に入ると、基礎体温が0.3℃以上、上昇します。
(もしこの上昇温度が0.3℃以下だったりする場合は、ホルモン分泌機能不全を疑うべきです。妊娠を考えているのであれば、できるだけ早く医師にご相談を。)

妊娠しやすいタイミングは、排卵前の2日間と排卵日の当日です。

これには理由があって精子の場合、その寿命は射精後およそ2日間と言われています(人によって5日間という人もいます)。一方、卵子の寿命は精子よりもさらに短く排卵後から8時間程度なのです。この両者の寿命を考慮すると、妊娠する可能性が最も高まるのは、排卵前の2日間と排卵日の当日となります。

これを基礎体温と合わせると、体温が上昇する日もしくは、その2,3日前ということになります。

体温が高くなってからでは、遅いのです。だから基礎体温を記録して、次回の排卵日(体温が上がる日)をしっかりと知っておくことが大切なんです。

中には、体温が上がってからも妊娠すると思っている人もいるかもしれませんが、確率は下がってしまいます。

寿命を過ぎた精子や卵子でも運よく妊娠することはありますが、その後、着床しても上手く育たずに流産することもあります。

妊娠したいカップルは、この3日間をどう生かすかで、妊娠できるかできないかの違いが出てくるのです。

最も確率上げるために、基礎体温や排卵チェッカーで排卵日を予測したら、その2日前から基礎体温が上昇を始めるまで1日おきのペースでセックスする、というのが妊娠率を高める最も確実な方法といえそうです。
妊娠しやすい状況を作るためにもサプリメントを飲むのもひとつの方法です

コメント

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました