妊活は生姜で体を温めることから始めましょう。

妊活で喧嘩をする前に

女性は、体を温めることがすごく大事です。

体が温かくなると、血流が良くなり、栄養素・ホルモンが必要な場所に届くようになります。

(必要な栄養素とは、葉酸・ビタミン6種類・ミネラル4種類・ホルモンです)

しかし体が冷えてしまうと、血液の流れが滞り、栄養素やホルモンが上手く届かなくなるのです。

冷える女性は、夏でも冷えています。

では、体が冷えてしまうと、妊活に堂のような影響が出てくるのでしょう。

・健康な卵子が作られにくくなる
・子宮内膜が十分育たなくなる
・流産しやすくなる
・着床しづらくなる

「冷え」は女性特有の悩みに深いかかわりがあります。

体を温かくする方法には、「運動をする」「お風呂に入る」「温かい服装を着る」など様々な方法があり、どれも効果があります。

心がけなければならないのが、毎日口にする食べ物です。

なぜなら、私たちの体の細胞はのひとつひとつを作り上げているのは、食べ物以外にないからです。

食べ物の中で、体を温めるの筆頭は「生姜(しょうが)」です。

生姜はもともとインド原産の植物です。そのころ香辛料の中では、胡椒に次いで、重要な品とされていました。

イギリスでは、1ポンドの生姜が、羊1頭に値するほど高価で一部の上流階級の人しか口にすることができませんでした。

ヨーロッパでペストが流行した時も生姜を食べていた人に死亡者が少なかったことで、ヘンリー8世が生姜を食べることを奨励したほどです。

それげ契機になって、その後イギリスでは、ジンジャーブレッド、ジンジャービスケット、ジンジャーティーなど生姜を使った様々な食べ物が普及しました。

日本でも、魏志倭人伝に生姜が中国から伝わってきたことが記されています。

始めは、食べ物というよりは、薬として用いられていたようです。

事実、現在、私たちが服用する約70%に生姜が使われているそうです。

なぜ生姜が体を温めてくれるのでしょう

生姜は体を温め、新陳代謝を良くしてくれます。

生姜の成分には、ジンゲロンやショウガオールが含まれています。

ジンゲロンには血液の流れを良くし、胃腸をはじめとする内臓の働きを活発にする働きがあります。

この働きで、血液の流れが良くなり、腎臓に行く血液の量も増え量の量が増加します。

尿の量が増加するという事は、水分を体から排出し、体温を上げることができる上、むくみの解消にもなります。

肝臓や胆のうにも多くの血液が流れることによって、胆汁の量も増えるのです。胆汁は、脂肪を分解し、コレステロールや脂肪の老廃物を尿や便と一緒に身体の外に排出してくれます。ダイエットにも役立つことは言うまでもありません。

こうやって、生姜を食べることで、内臓が活発化し、新陳代謝が高まり、体温が上がってきます。

発汗作用も強く、発汗と排尿促進で体の余分な水分は、どんどん排出され、水太りも解消されます。さらに脂肪や糖分の代謝の高まりは体重減少へと結びつきます。

しっかりと生姜を食べることにより妊活~妊娠中の大事な期間を体を冷やすことなく生活できます。また無駄な脂肪を燃焼させ、ダイエットの効果もあります。

このような素晴らしい食材を使わない手はありません。積極的に生姜を食べて妊活頑張りましょう!!

妊活中、妊娠中は、体を冷やすことは避けたいものです。

生姜の力を使って、少しでも体温維持に努めてください。

コメント

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました