妊娠して肌荒れ!!綺麗にならないなんていつきれいになるの!

妊活で喧嘩をする前に

幸せいっぱいの妊娠ですが、美容においてはいいことばかりではありません。

「とうとう、こうのとりが、赤ちゃんを授けてくれた」

なんて幸せいっぱいな妊婦さんですが、美容、美肌面においては、肌質が変わったり、色素沈着が目立ったり、体重の増加とともに顔はふっくら、胎児を守るために脂肪だってつきやすくなります。

美容にとっていいことないじゃん・・と思うのも仕方ありません。

しかし、出産は、一世一代のデトックス。妊娠、出産はママになったらもっときれいになる絶好のタイミングです。このタイミングを見逃さないでください。

待ちに待った妊娠だが

とても楽しみにしていた妊娠だったのですが、つわりで結構しんどかったり肌質が変わって、今まで使っていた化粧品があわなくなってきたりする人もいるみたいです。

その理由は、妊娠を維持するための黄体ホルモン、プロゲステロン優位の状態は、美容にとっては、マイナス面も多いという事のようです。

特にマイナス面が出やすいのが、妊娠の初期。皮膚が荒れたり、過敏になったり、体中の色素が濃くなってきて、妊娠性のシミも出てきやすくなります。

ホルモンの変化により、色素が沈着しやすく、あっという間にシミが増えてしまうのも妊娠中の肌の特徴です。

ホルモンバランスが急激に変わり、体がその変化についていくことができないのです。

いつも使っている美容液がなんだかヒリヒリ感じるよなこともあるかも。今までどんな美容液でも何ともなかったのに、妊娠と同時に急にデリケートになります。

もし突然のかゆみや痛みを感じた時は、もう少し優しい成分のものに変えてください。いつもよりまして、穏やかにできるだけ最小限のケアで乗り越えてください。

ここで女性ホルモンを活性させるプラセンタの注入や微弱電流であるイオン導入は、避けた方がいいようです。注入系やハイドロキノン、レチノイン酸などの強い成分を含むものも妊娠の初期には、避けましょう。

妊娠初期は、肌が過敏になっているので、刺激の強い化粧品は、逆に肌を悪い状態へと導いてしまうのです。

つわりの時期は、においにも敏感になります。

今までの「お気に入り」として使っていた化粧品の香りも、どうも体質に合わなくなったりすることもあります。そんな時は、好きな香りや、気持ちが良くなる香りのものに変えてみるのもいいと思います。

ホルモンの変化により、色素沈着により、シミになった部分は、産後には、自然と消えていきますがやはり、作らない増やさないを心がけておくべきでしょう。

胎児への影響がゼロとは言えないので、ハイドロキノンやレチノイン酸の内服は避けるのが賢明です。
今あるシミを消すというよりは、刺激の少ないビタミンCでメラニンを還元、排出する美白ケアがおすすめです。

普段でも女性の肌は、乾燥にさらされているにもかかわらず、妊娠中になるとさらに肌がカサカサになってきます。積極的なことはできない次期ですが、こまめな潤い補給だけはしてあげましょう。この時、顔だけでなく、全身もしっかりと保湿してあげてくださいね。特にこれから大きくなるお腹周りなどは入念に保湿ケアを。

化粧水、美容液、乳液などは、まずは保湿を第一に考えたものがいいですね。

保湿重視で厳選して、しっとりとみずみずしい肌をキープしましょう。

もし化粧品で迷っているのであれば、厳しいアレルギーテスト「累積刺激」テスト済みの化粧品。
医薬部外品で安心して使える「ライスフォース」をお試しください。

お試しなので、量もそれほど多くなく、妊娠の期間だけと思えば、ラインですべてそろうので、とてもお得なお買い物だと思います。
有名芸能人もおすすめ「ライスフォース」の公式サイトはこちら

コメント

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました