男性にも不妊の原因があるかも もしそうだったら助けてあげて

妊活で喧嘩をする前に

不妊の原因が男性にあるかも パートナーは大丈夫?

あなたがいくら妊娠を望んでもパートナーに異常があればそれは問題です

パートナーに妊娠力がなければ、いくらあなたが妊娠力を高めたところで、妊娠はしません。

最近多く見慣れるのが「女性とセックスできない男性」です。
パートナーのことは大好きですし、ちゃんと女性にも興味はある、それなのに性欲が湧いてこない・・・というケースです。

また、若くして結婚をしたとしても、女性が子供が欲しくなる年齢が高くなるにつれて、男性の年齢も高くなってきます。

それによって、ストレス関連の疾患、メタボ、アルコール依存症、糖尿病、高血圧、うつ病などの疾患にかかってしまう男性もいます。

20代のころと比べると、このようなリスクが出てきます。

もし、男性がこのような疾患をかかえているならば、勃起不全(ED)に陥る男性が増加するのも不思議ではありません。

EDの原因は、様々で、身体的なことが原因であることと、本人さえ気が付かない心のストレスや心理的なものが引き金となっている場合があり、原因を探すのは、すごく難しいのです。

女性の場合は、精神的に不安定になったりすると、生理不順になったり、排卵が止まったりするので、それに対応した薬を処方してもらうことで、治療はできます。

しかし男性の場合、メンタルがやられたことによるEDの場合、治療することは難しいのです。
治療に時間もかかるので、できるだけ早く治療を始める方がいいです。

さらに大きな問題は、男性の精子の数がどんどん減ってきていることです。

これは日本だけではなく、世界的に見ても、男性の精子の数は減る傾向にあります。

原因には、いろいろあるとされています。ストレスや化学物質、環境ホルモンなど、ハッキリはわかっていません。

精子は、毎日作られているものですが、40代前半を過ぎるころから量だけでなく運動率も質も低下してきます。
50代を過ぎると、遺伝子の異常が起こりやすくなります。

では、女性が男性の危険レベルを判断するにはどうしたらいいのでしょう。

まず、はじめにチェックするところは、体格です。

ぽっちゃりしていても、ストレスが無いようであれば、妊娠力については、それほど心配する必要はありません。

次に心配しなくてはならないのは、お酒とたばこです。
男性ホルモンを生み出すスピードを遅らせる原因があるからです。

パートナーが自暴自棄になっている時や、ストレスをため込んでいるときは、そのストレスを解消できる方法を一緒に考えてみるのもひとつの解決法です。

男性には、どのような検査があるのでしょう。

大きく分けると、「血液検査」「尿検査」「精液検査」「陰嚢部エコー検査」「ホルモン検査」などがあります。

さらに詳しい検査もありますが、大体は、ここに書いた「基本検査」で結果と治療法がわかります。男性の検査は、婦人科、泌尿器科、性病科で検査を受けることができますよ。

男性のEDを治すために、以前はバイアグラなどのサプリメントも発売されました。意外とこれが多くの男性に飲まれているようです。

そこで、効果のあるサプリメントと男性の精子を元気にするサプリと病院をご紹介しておきます。

もしあなたのパートナーが希望するのであれば、是非手助けしてあげてください。

日本製の活力サプリメント「GHプレミアム」

TENGAヘルスケア[精育支援サプリメント]

コメント

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました