プラセンタは、ストレスにも効果があるんですよ。

妊活で喧嘩をする前に

プラセンタといえば、美肌を代表する成分です

しかしプラセンタには、意外な効果もあったのです

健康な女性でもしばしば起こりうる生理不順。

そう聞くと軽く考えてしまいがちですが、放置しておくと将来がんになりやすくなったり、骨折しやすくなったり
中には子宮や卵巣などに何らかの病気が潜んでいたりなど、放っておくのは危険が伴います。

生理不順の原因は様々ですが、体重の増減やストレスが原因であると考えられています。

エリーゼ
エリーゼ

その中で圧倒的に多いのはストレスによるものです。

「生理はストレスのバロメーター」とも言われるほどで、過度なストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こし、生理不順の引き金となります。

 

そんな辛い生理不順の解決に大きく役立つのがプラセンタです。

プラセンタにはストレスを和らげる効果がある他、豊富な栄養素が乱れた生活、食習慣を整え、さらにホルモンバランスをコントロールするチカラもあるので生理不順に対して有効に働きかけてくれます。

生理不順となる原因は、やっぱりストレスです。

このストレスに対してプラセンタは効果があります。

人は、ストレスを受けた時に「攻撃を受けた」と判断して、攻撃態勢に入ります。この時、自律神経のうち活発になるのが、交感神経です。

でもこれはよくあることなので、あまり心配する必要はありません。

ここで気を付けなければならないのは、仕事や人間関係で常にストレスを受けている場合です。

この場合、ずっと交感神経が働き続けていることになります。その状態がずっと続くと、やがて神経は疲れてきてうなく機能しなくなるのです。

そうなると、心身に不具合が出てきます。自律神経失調症や鬱病になったりするのです。

またストレスを受けることで、活性酸素を多く発生します。活性酸素は、老化の原因と共に、細胞の活力を失わせ、疲労を感じやすくなります。

たいして体を動かしてもいないのに、すぐに疲れてしまう場合は、活性酸素が大量に発生しているのかもしれません。そんな時は、やる気も起きません。

活性酸素とは、体内に入ってきた病原菌を退治するカラダに欠かす事の出来ない物質ですが、これが増えすぎると正常な細胞がさび付き、機能低下を起こします。

これがいわゆる疲労としてカラダに現れることになります。

活性酸素が活性化する主な原因は、激しい運動や紫外線の浴び過ぎ、強いストレスなどです。

プラセンタは、交感神経の細胞を活性化させる働きを持っているのです。

交感神経が活性化すれば、機能低下の解消につながり、自律神経のバランスが戻る手助けになるのです。

プラセンタには、活性酸素の働きを抑えるチカラがあり、疲労回復を期待できます。

また、プラセンタに含まれる成長因子が活性酸素によってサビついた細胞の働きを促してくれる効果も期待することが出来ます。

これによって、細胞が活力を失うのを防ぎ疲労しにくい身体になってくれるというわけです。

このようにプラセンタはストレスに強い身体づくりを助けてくれます。

睡眠不足の人にもプラセンタはおすすめです

不眠の原因は、身体的な原因と心理的な原因の2つに大きく分けることが出来ます。

例えば、関節痛などの肉体的な痛みや風邪や花粉症などの病気は身体的原因、ストレスや不安、うつなどによる不眠は心理的原因になります。

心理的原因についてもう少し詳しくお話しすると、自律神経の話になります。

睡眠は、リラックスする必要があるので副交感神経が優位になる必要がありますが、精神的な不安があると交感神経が優位になっており、カラダが無意識に緊張している事があり、
その結果が不眠に繋がってしまいます。

プラセンタには、副交感神経を乱している自律神経やホルモンバランスを解消するチカラがあるので、
不眠に対して悩みがある方もに、プラセンタはオススメです。

10年以上選ばれ続けるプラセンタ

コメント

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました