妊娠する前は、痩せても太ってもダメですよ

妊活で喧嘩をする前に

最近は、小学生でもダイエットをするようになりました。

妊活とは関係がありませんが、小学生のダイエットは、日本人だけなんでしょか。

親子そろって痩身エステにいく親子もいるらしいです。

田舎に住んでいるエリーゼには、その感覚がいまいちつかめません。

さて妊活中の体重管理についてですが、ダイエットをするには、つけくださいね。無理なダイエットをするとリバウンドがやってきます。

1回くらいのリバウンドならば、まだいいのですが、何回もダイエットとリバウンドを繰り返した人は、リバウンドを繰り返す体になってしまいます。

そうなると拒食症や過食症を引き起こしてしまったりして自律神経を狂わせてしまうのです。ホルモンバランスも崩れてしまい、生理が来なくなることもあります。

生理が来なければ排卵もおこりませんし、子宮や卵巣を弱らせる原因にもなります。

こうなるといくら妊活をしていても、妊娠力は低下するのは当たり前です。

痩せすぎたと思って急に体重を増やせばどうなるのでしょう。

それもほとんど効果はありません。生理を取り戻すためには、心のケアもとても大切なのです。

妊娠し出産をした後に体重がもとに戻らなくなったらどうしよう

そう思う妊婦さんも最近になって増えてきたような気がします。

産後、体重が元の体重に戻るという保証はありません。そのためか最近では、妊娠前、妊娠中にダイエットを始める妊婦さんも多いと聞きます。

病院の先生が言うには、「妊娠時の体重の増加を10㎏以下にしてください」といっています。これは一般的な体重の増加です。

でもこれが妊婦さんたちに、知らず知らずのうちにダイエットをさせることになるのです。

妊娠中にあまり太りすぎるのも、いろんな病気の原因になる可能性があるので、良くないですが、あまり体重のことを気にしすぎて、妊娠前や妊娠中からダイエットを始めるのもちょっと問題なんです。

実際に妊娠中の体重の増加が7㎏以下というママが多く、そのママ達から2,500g以下の低出生体重児の赤ちゃんが産まれる割合が増えてきているのです。

これは、他の先進国ではありえないことだそうです。

低体重で産まれた子供は、将来メタボリックシンドロームになる確率が高くなると欧米では言われています。

妊娠する体を作るには「美容体重」ではなく「健康体重」にしてください。

あなただけの体ではありません。痩せることばかり考えていると、どうしても「美容体重」を基準にしたくなるのもわかります。

その前に健康な身体であることが、おなかの赤ちゃんのためにもあることを忘れずに。

コメント

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました