妊活は夫婦で協力して・・・でも喧嘩が絶えないという方へ

妊活のタイミングの直前で夫婦喧嘩をする方も多いんです。

喧嘩をすると、妊活にはあまりいいことはないんですよ。

まず第一に、精神的にも安定しないので、ホルモンバランスが崩れて生理が遅れたり、場合によっては円形脱毛症になる方もいるくらいなんです。

第二に、せっかくの排卵日にもかかわらず、ベッドインのタイミングを失ってしまう可能性があるのです。みすみす排卵日を見逃すことは、妊活にとっては、1か月の無駄を意味することになります。

1ヶ月に一度の大切な時期なので、心を無にして大人の対応をしましょう。

不妊治療をしていることで本人も常にイライラしていますし、ストレスが溜まりやすい状況です。

今なら笑って流せることも、その時は、ついついカチンときて怒りモードのスイッチが入ることもあります。

記事の一覧はこちら

しかし、そうはいっても月に1回のビッグチャンスを無駄にするわけにはいきません。

どんな形であれ(電話、SNS、LINE)常にコミュニケーションをとりつつお互いの気持ちを確かめ合いましょう。

めざす目的は、「妊娠」なのですから、同じ目的を共有できる数少ないパートナーです。

肌が触れ合うことで、気持ちも変わります。

一度、そのタイミングを逃していしますと、次回のタイミングまで、だらだらとその感情だけが残ってあまり良くないですよ。

いろんな人の妊活を見ても、そのタイミングで喧嘩になった場合、多くの女性が悪くもないのに、謝ることが多いようです。

ほんと、納得がいかないのですが、これが現実のようです。

子供は、夫婦で欲しいという思いが強いのですが、どうしても女性のタイミングが一番重要になってきます。

男性は、いつでもOKなのでしょうが、どうしても女性には、タイミングというものがあって、そのタイミングがわかるからこそ焦りが出てしまい、イライラやストレスになってしますのです。

これを男性に言ってもわかってもらえないと思います。

だから、女性が謝ってお願いするしかないのかなぁ

きっと悔しい気持ちで涙があふれてくる人もいると思います。

いろんな情報誌などで、妊娠の事を調べると、できるだけ早く妊活を行い、妊娠した方が良いと書かれています。

そのことについては、間違っていないと思います。

しかし、その情報が、女性のことを強迫観念のように追い込んではいませんか。

確かに、妊活は、早いに越したことはありません。時間はみんな平等に同じように流れていきます。あれもしなきゃ、これもしなきゃという焦りもあるでしょう。

いつもそんなことばかり考えてしまいます。

情報がたくさんありすぎるので、その情報に振り回されないようにしてください。

まだ新婚の方でも、1年、2年ですぐに妊娠できればラッキーです。あまり、タイミングを気にしすぎるのも、良くないかも。

男性は、意外とロマンチストで「この日」と決められると作業のような気がしてその気になれないどころか、プレッシャーがかかって、男性もストレスがたまってしまうという事もよく聞く話です。

いざという時に元気にならなかったり、その日は、家に帰りたくないといった男性もいるくらいなんです。

記事の一覧はこちら

どうしても女性は、月に1回のタイミングを逃したくないという思いと、自分自身の年齢の事もあり、早くしないと、急がなければとそのことばかりが先にたち男性を責め立てます。

それが原因で、本来は二人三脚で行うはずの妊活が、一方的になってしまい上手くいくものも、いかなくなってしまいます。
その結果、喧嘩になるのです。

男性も、不妊治療のようなセックスではなく、そんなに気負わず普段のセックスでちょっと時期を気にしてくれればいいだけんんですが・・・

タイミングで行う、タイミング療法は、人工授精や、体外受精に比べて、夫婦の共同作業の部分がとても多い不妊治療です。

やっぱりお互いの気持ちをよくわかり合って行うことが大事なんです。

男性が「この日」にプレッシャーを感じているのであれば、女性が優しくエスコートしてあげてください。

基礎体温表やカレンダーに〇を書いたりすると逆効果になる男性もいます。

こちらとしては、面白おかしく強力をしてもらいたいと思っているのでしょうが、それがいやな男性も中にはいます。

夫婦円満でタイミング療法のカギは、女性が主導権を持っています。女性のコントロール次第で、上手くいきます。

女性主導権がプレッシャーになっては、困りますが、男性をどうやって上手くその気にさせるのかは、女性次第・・・という事なのです。

タイミング療法で成功する確率は、約15%ほどといわれています。1年間続けて、妊娠するかどうかという確率です。

そう思うと、1回や2回失敗したところで、それは当たり前です。

そのことを男性にもしっかり伝えておくことです。

逆に15%と聞くと、1回の大切さが男性にもわかってもらえるのでは、ないでしょうか。

感情だけでなく、数字を示してわかってもらうという方法も良いと思います。

男性は、このような数字に関しては、案外興味を示すものです(仕事柄かな)。

まだまだ二人で喧嘩をせずに上手くやっていく方法は、たくさん残されていると思います。

このサイトでは、そんなお二人を応援するための、いろんなサプリメントや情報をブログ形式で更新していきます。

よろしくお願いします。

記事の一覧はこちら

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました